2007年09月17日

最近のいろんな事。


夜も更けきれていない辺りから落ちる様に眠りにつき、ド深夜に目が覚める。この感じ、何だか久々のような気がする。もちろん普段の状況も、夜寝て朝起きるといういたって普通の生活サイクルでは、ほぼない。多いのは『明け方寝て昼前起きる』だ。だからド深夜起きは随分と久々で、何やら変な感じがする。そんな変な感じに後押しされて、少し読書をした。電車の移動以外での読書は本当に久しぶりだ。家でゆっくり活字を読むと、影響を受けてか、文章を書きたくなる。で、このブログである。結構長文になる予定だ。

とにかく最近は何が何だか分からない生活だ。簡単に言うと、やる事が多い。それはもう多すぎて、ちょいちょいやらなきゃいけない事を忘れてしまうぐらいだ。それ程忙しい状況を嫌だとは思わないけど、いつの間にかストレスが溜まってしまう。それは少しずつ少しずつ身体と心に蓄積していき、足取りを重くしてしまう。

会社の運営及び雑事、サンドウィッチマンの単独ライブの準備、「ホラカク。」の準備、若手芸人の育成等々。全てやりがいがあり、楽しい。常にスイッチがオンの状態で、気持ちが良い。しかし上記の様に、少しずつだがストレスは溜まってしまう。だからそれをどこかで取り除いてやる必要がある。先程の30分程の読書、そしてこのブログの書きなぐり、効果は絶大だ。

一昨日の「ホラカク。」は、8周年記念と題し、詰め込むだけ詰め込んだ内容だった。約5時間近かった上演時間は、お客様にはどうだったのか、不安はある。しかしレギュラー陣もゲストも新人達もスタッフも、皆目一杯やってくれた。それはとても嬉しかったし、次への活力になる。ただ自分達のネタはグダグダだった。時間がなかったとはいえ、もっと詰め込めた筈。そこは猛省である。

サンドの単独まで、いよいよ残り一週間。サンドの2人もバタバタだ。「ホラカク。」終わりも打ち合わせ、そして翌日も朝イチからVTRの撮影。夕方にはズタボロになっていた。お陰さまでチケットも残り少なくなり、多くの人達に観ていただけるようでありがたい。2人が必死になって創っているライブだから、この売れ行きは嬉しい限りだ。

ウチの若手達は、数は少ないが才能のあるヤツらばかりだ。まだまだムラがあってプロ意識が足りない為、結果に結びつかない事も多いが、あと数年キャリアを積めばモノになるだろう。彼らのネタを見るのが今は楽しみですらある。可能な限りバックアップしてあげたいと思っている。

最後に、どうしても書きたい事がある。思い出す度に腹の立つ事だが、先日の「ホラカク。」のアンケートにとんでもない内容があったのである。それは、「○○は死んだらいい」という名指しの批判だった。芸人の多くは、お客様にどう思われているか、やはり気になるもので「おもしろくなかった」「つまらなかった」と書かれたらヘコむが、まぁ消化する事ができる。「ココが良くなかった」「悪かった」という内容に関しては自分自身もそう思ったら受け入れる。しかし、「死んだらいい」というのは全く持って受け入れられる事ではない。一緒に頑張っている仲間に対し、そんな事を書く人は二度と「ホラカク。」へは来ないで欲しい。

最後の最後でちょっと嫌な内容を書かねばならなくなったが、長文を書くのは気持ちが良い。読んだ方は逆にストレスが溜まったかもしれないが、今後もちょくちょくアップしたい。
posted by ホロッコ百太郎 at 03:49 | TrackBack(0) | 人として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。