2007年05月23日

思い出す事を、


つらつらと書いてみる。
順番はメチャクチャになると思うけど。

オレらコンビ、というか夫婦、というか『ホロッコ』のこまりと百太郎の出会い、それは『フォークダンスDE成子坂』さんの単独ライブ「自縛」の3回目の集団コント「チューリップ商事」の稽古であった。

今でも「自縛」のビデオは購入出来るらしいから、興味のある方はどうぞ。当時、女優を目指していた『本城こまり』と『デジタルズ』のボケ担当の百太郎が見れる筈。

ちなみに、「自縛」の1回目と2回目はチョイ役だったオレが、3回目で集団コントのメンツ(しかも結構良い役)に選んでもらえたのは、2回目の時に桶田さんに気に入ってもらえたかららしい。「自縛」の2回目の時のVTRネタで、本当は呼吸をしていないのに何でもない風にしゃべるというキャラで出させてもらったのだが、この時、桶田さんが大笑いしてくれて、「アイツおもしろいな」という事になった、と人づてに聞いた。
最初に話したのは渚さんだけど、最初に気に入ってくれたのは桶田さんだと思う。で、この頃はまだ、渚さんにはあまりハマってなかった気がする。

ちなみにちなみに(こんな言葉は多分ない)、ウチの奥さんは、成子坂のお二人からメチャクチャ評価されてて、桶田さんは、若手に混じってボケる女優志望の相方を見て、「本城はモノが違う」と、うなる様に言っていたし、渚さんは「本城ちゃんはスゴい、本城ちゃんは才能ある」と、いろんな人に言ってくれていた。で、オレはその成子坂のお二人が認めた才能を、果たして活かしきれているのかと、常に悩んでいる訳である。

結局何が言いたかったのかと言うと、
『フォークダンスDE成子坂』さんは、オレら夫婦にとっては縁結びの神であり、このお二人がいなければ、今のオレらは存在しなかった、って事。
だから、オレら夫婦に何か良い事があった時に、報告すべき大事な人が一人いなくなってしまったって事に、オレら夫婦は心底まいってしまったのである。
何だかまた長くなってしまったので、一先ずお終い。
posted by ホロッコ百太郎 at 22:09 | TrackBack(0) | 人として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。